フランスのタクシー運転手はとにかく態度がでかい!・・・・・乗車拒否は当たり前、3人以上の乗車や旅行カバン2個以上は追加料金を要求!深夜はほとんど働かない!(従って、夜遊びの大好きなパリジャン、パリジェンヌは帰宅するのがとっても大変)。いやはや、日本人には我慢出来ないタクシー事情ですね。
 なぜ、フランスのタクシー運転手は働かないのか??・・・・・おそらく、チップのせいでしょう。
 運賃は日本と変わらないのですが、とにかく、チップや追加料金の実入りが大きいのです。毎日アクセク働かなくても十分生活ができることが、彼らの向上意欲を奪っているようです。
 さらに、フランスでは運転免許を取るのが、かなり時間がかかります。普通免許で約1年かかりますから、タクシーの免許はさらに難しいようです。その結果、パリのタクシー数は少ないという現状があります。
 その不便さもパリの一つと考えるのが・・・・・・良い心がけ??ですね。
 面白いのは、深夜、地下鉄も止まってしましい、タクシーも拾えなかったら(帰れないよ!?どうしましょ・・・)、実は、深夜バスが走っているのです。本数は少ないですが、朝まで運行していますので、必ず帰れるのです。
 やはり、パリは不思議の街です・・・・。
  OYAJI