こんにちは岐阜と北陸3県を担当してます。さいとうです。

先日、福井県で興味分深い看板を発見しました。

写真は。。。

 

 

なななな なんと 雪捨て禁止!!とは、地方によっていろんな看板ってあるんですね。

みんなで雪をすてると、川がせき止められちゃう?って、ことなんでしょうか。。

 

この看板を見てひとつ気づきがありました。この看板はあまり有効ではないな。。ということです。

なぜなんでしょうか?

 

人間の脳って言語をそのままとらえるのではなく、言語を画像に変換してとらえるので

この看板のままでは、”雪を捨てている”イメージが脳に画像として映ってしまうんですね。

 

違う例で例えると

①トイレを汚すな!

②いつもトイレをきれいに使っていただいてありがとうございます

 

という2つの張り紙があるトイレでは圧倒的に②のトイレの方がきれいです。

張り紙をしている方の意識の問題もあるかもしれませんが①の張り紙の

あるトイレは結構汚いトイレの場合が多いです。しかもびっくりするくらい。

 

一番うまいなと思ったトイレの張り紙は、某カーディーラーで、

小さい女の子が手を合わせている写真の吹き出しに

”いつもトイレをきれいに使っていただいてありがとう”

と書いてありました。伝え方上手すぎです!!

ちなみにそのカーディーラーでは、(普段しないですが)

トイレの鏡の汚れをふき取って、車を1台買っちゃいました。

 

また、オランダのスキポール空港では、小便器(日本人では

背伸びしないと用が足せない)の真ん中あたりに確か小さい

虫の絵が描いてました。みなさんこの虫の絵を狙って用を

たすので、トイレいつもきれいとのこと。

 

これも脳の仕組みを利用したうまい仕掛けです。日本でも

的の絵を描いたトイレ最近ちょくちょく増えてきました。

 

最近5S担当になった さいとうでした。