本年、韓国工場では、社長の方針に沿って、所員の日本語習得に向けた学習を開始しました。

当初、一番いやがっていた人が、いざ始めてみると一番熱心に学習に取り組んでいたりして、おもしろいものです。時には、仕事中に思い出したのか、質問にやって来ます。あまりの真剣さに、仕事中だよとは言えません。

講師は、我社の紅一点、李先生です。授業時間は、仕事終了後の30分程度の時間ですが、みんなで声に出したり、字を書いたりと、先生、生徒ともなかなかのものです。テストもあります。

今年は、床暖房のアルシステムにとって、飛躍の年になりますよう、みなさんも切磋琢磨がんばりましょう。  はい、そこのあなた、あなた、私もですよ。

~授業風景~

書き込みの多いテキストがんばっています!

 現在、仕事の終わりは、当然、お互いに ”お疲れ様でした” となっています。

私の ”수고 하셨습니다” を言う機会が少なくなってしまいました。とほほっ・・・。

by Fukuda