中国のトイレです。

cimg2611

長春の、ある四つ星ホテルのトイレです。この写真の中から間違い探しをしてみましょう・・・。
聡明なみなさんは、すぐにわかったでしょうね。どう考えてもおかしいのは・・・
これです!

cimg2612

 初めて中国に来た時に泊まったホテルで、大きいほうの(失礼!)用を足した時にガクゼンとしましたね。・・・・「トイレットペーパーが無え???」
「エェ??、中国って、紙は自分もちなの??」・・・なんて、勝手にバカバカしいことを考えながら、キョロキョロとあたりを見回していましたら・・・ついに、ありましたがな・・・「なんと?なんで?なんのために?・・・・後ろについてるねん??」
ペーパーが見つかった安堵感から、しばらくは拭き掃除に専念していましたが、一拭き(失礼、一息)ついて冷静に考えてみると・・・・・・・「なんでやねん????」との疑問が,自然に出てまいりまして、しばらく、その理由を自分なりに考えてみましたが、どうしても答えは見つかりません・・・・
 確かに、腰をねじり上げる柔軟体操には良いのかもしれませんが、それ以外で理由を考えることをあきらめまして、中国人のスタッフに聞くことにしました。すると・・・・・・
 「えっ!?日本は後ろについていないんですか?」との答えに「・・・・・・・・・」絶句してしまいました。
 要するに、中国の設計では、利便性よりも施工性を採るということのようです。言いかえれば、物事を変更して、便利になるより、その不便さに人間の方が慣れてください、という解釈が妥当で・・・・・・・・・・違うやろ!!
 中国に長くいるとそのような仕打ち????にも慣れてくるものです。
 良いところでしょう?中国は!!
 中国に喜ばれる床暖房メーカーを目指して   OYAJI