東日本大震災におきまして被災された皆様には、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

さて、2011年6月29日(水)に東京霞ヶ丘国立競技場で第62回早慶サッカー定期戦が行われました。

我が国の大学スポーツの頂点に立つ両校のこの伝統ある一戦におきまして、当社所属アーティスト「即興書家TADA」は、会場となった国立競技場内に特設ブースを設けさせて頂き、書き下ろしパフォーマンスを実演することができました。これも日頃の皆様方のご支援の賜物と感謝いたしております。

当日は、会場での書き下ろしと展示品販売での売上金の全てを東日本大震災復興の為の義援金とさせて頂くことを告知しておりました結果、多くの来場の方々から協賛を頂くことができました。

頂戴しました義援金の扱いは主催者側にお任せしましたが、先日、今回の義援金は、東北サッカー協会に寄付されることになった旨の連絡を頂戴し、同協会から受領書が送られてきましたことをご報告させて頂きます。

微力ではありますが、被害地域におけるサッカーファミリーの復興の手助けになることを願っております。

 

 

アルシステムでは、世界中の皆様へ笑顔をお届けする為の、大切な活動のひとつとして、今後も社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。

今後ともアルシステムを宜しくお願いいたします。